離婚問題Q&A

Q1.離婚するにはどうすればいいのでしょうか?

A1.協議離婚と言われるもので、当事者(夫婦)が互いに離婚するのを納得した上で、離婚届に署名、捺印して役所に届け出をすれば離婚は成立します。離婚をする夫婦の約90%近くがこの協議離婚です。

Q2.離婚にはどんな方法がありますか?

A2.離婚の方法(手続)は、以下が代表的です。
①当事者(夫婦)の協議と戸籍上の届出のみでできる…「協議離婚」
②家庭裁判所に調停を申し立て行う…「調停離婚」
③裁判所の判決により離婚する…「裁判離婚(判決離婚)」
その他、家庭裁判所が調停に代わる審判をすることにより離婚が成立する「審判離婚」や訴訟中に当事者が和解して離婚が成立する「和解離婚」 などがあります。

Q3.夫が働いてくれなかったり浪費癖があることを理由に、離婚できますか?

A3.家計が成り立ってこその結婚生活なため、収入がないことが夫の責任であるときは、婚姻関係を維持できないとして、離婚できる場合が多いです。

Q4.離婚後の戸籍はどうなりますか?

A4.結婚前の戸籍に戻すこともできますし、新しい戸籍を作ることもできます。

Q5.離婚後の姓はどうなりますか?

A5.原則として結婚前の旧姓に戻ります。結婚していたときの姓を継続したい場合は、「離婚の際に称していた姓を称する届」を3カ月以内に市区町村役場に提出します。

今すぐ専門家を探す

離婚問題に強い専門家をPICK UP!!

離婚問題に強い専門家を「離カツ応援ナビ」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 不動産鑑定評価のご案内 土地家屋調査士のご案内 不動産コンサルティングのご案内 引っ越し 防犯・カギの事なら.net 税理士新聞に掲載されました Q&A QRコード